援助交際でだまされた?

gingamucheck
とある援交サイトを閲覧していると、援交可能と言う事だったので早速それに申し込み手続きをしたAさんがいました。

そのお相手は20歳女子大生です。

金額設定は1時間でホ別2。

あくまでもホテル代は別途必要と言う事で、その条件を全て聞き入れ指定された喫茶店へと向かいました。

そこのお店はもうあきらかに他にも援交と分かるようなカップルが多く、会話も少なめで、長居せずお店をあとにする人たちがあちこちに行きます。

Aさんのお相手がお店に到着し、Aさんは『え?』と思いました。

確かに、会話の最中にも私は20歳と言う事を話しているけれど、なんだかそれ以上年上のような気もしたそうです。

それはさておいてホテルへと向かいました。

そして初めに前金で2万円を渡し、すぐにでも始めようかと言いたいところなのだが、相手はなにかと条件をつけて色々と注文してくるのです。

Aさんはこんな機会には滅多にありつけないと思っていたので、あれこれ楽しみたかったけれど、ほとんどは案を出した時点で却下でした。

あれこれと言っても一緒にお風呂に入ったり、ふざけてじゃれあったりしてみたいと言うような内容で、なにもマニアックな条件を出した訳でもないのです。

でも決まりなのでと拒否されました。

そしてセックスも1回終了して、いざ2回目と思っていた矢先またまた拒否られてしまったのです。

多分そこでまたお金を追加で払えば、そのまま出来たのかなぁとも思いましたが。

とにかくこの援助交際に関しては、腑におちない納得の出来ないものだったそうです。

そして援交そのものにまんまとはめられてしまったと言う事になりますが、皆さんは、Aさんのこの件に関してどういった意見をお持ちでしょうか?

援交なんてこんな感じですよなんて、バカにされてしまいそうですが、やはり援交に対して、様々な期待や思惑を持った男性達が多く存在すると言う事でしょうね。

家出サイトを使って援助交際

あなたは、家出サイトという言葉を聞いた事はありませんか?

もちろんサイトが家出中…という事ではありません。

これは家出中の困った女性に対し、支援してくれるという優しい男性と知り合うための要するに『家出少女専門の出会い系サイト』のような存在なのです。

家出をすると、金銭面や食事、寝床など…色々なにかと困る事があるかと思います。

そういう場面で役に立つ男性と知り合えるなんて、とても嬉しい瞬間だったりしますよね!

もちろんそれは親の耳に入ったりはしませんから、安心して頂いて構いません。

でも、全くタダでなにもかも援助してくれる…という事では、当然ありません。

対価として女性は男性に対しある行いをします。

それはなにかというとセックスです。

でもこれは体を売る、要するに『売り』の援助交際とは異なり、助けてもらう=助けてあげるという、人助けの精神が土台になっている形ですから、必要以上に罪悪感を抱いてしまう必要だってありません。

自分がされて困るような事は、出会うまでのメール交換の中で、きちんと伝えておく事によって、それはちゃんと相手も了承してくれるはずです。

ではそんな援助の対価となるセックスですが、一体どういう事をやれば良いのだろうか…なんだか気になりますね!

基本的に決まった形はないです。

セックスに関する好みは人それぞれなので、援助をしてくれる男性次第により当然内容にも違いが出てくるはずです。

もしかすると予想も出来ないような凄いことを要求されてしまうハメに…という事もありえない話という訳ではありませんので、事前にきちんと確認をとっておく方が良いでしょう。

どれだけ援助の為と言えど、自分自身が苦しむような事までしてしまっては意味のない事で終わってしまうので…、

ですから、きちんと許容範囲というものを決めておく方が無難です。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ